MENU

フィトリフトオールインワンジェルの定期便コースがおすすめな理由3つ

 

 

単品でも購入することができるフィトリフトオールインワンジェル。

 

しかし、継続して使用するのであれば定期便コースで購入したほうがお得です。

 

とは言え、「定期購入すると解約方法が面倒くさそう」と思う人も中にはいます。

 

 

フィトリフトオールインワンジェルを定期便コースで購入すると、どのようなところがお得なのか?

 

また、電話やメールで簡単に解約することはできるのか?

 

気になる疑問点と一緒に、定期便コースがおすすめな理由を見ていきましょう!

 

 

初回購入時は全額返金保証つき!安心して購入できるのが嬉しい

 

初めて購入する際に一番気になるのは、「肌に合わなかった場合どうしよう」という点。

 

しかし、フィトリフトオールインワンジェルは初回購入時に全額返金保証というサービスを行っています。

 

そのため、「思っていたよりも効果なしかも」「肌に合わなかった」という場合はたとえ使用後でも返品が可能!

 

手元に届いてから10日以内に連絡すれば、商品を返品することができます。

 

 

未開封品の返品交換はよく聞きますが、使用後のものでも返品OKというのは珍しいケース。

 

万が一、肌に合わない場合でも返品することができるので気軽に試すことができますね!

 

また、今ならフィトリフトオールインワンジェルが60日分セットになったお試しキャンペーンを2,980円という値段で試すことができます。

 

その値段、なんと通常価格の79%オフ!

 

 

フィトリフトオールインワンジェル1個とふきとり化粧水1本が、実質無料でついてくる計算となります。

 

お試しキャンペーンのあと、続けてお試しキャンペーンという定期便コースも選ぶことができます。

 

こちらのキャンペーンを選択すると、2回目以降も定期便コース20%オフの値段になるのでお得!

 

しかもこの定期便コース、電話一本でいつでも解約できるので、気楽に試すことができるのが嬉しいポイントです。

 

 

解約方法も簡単!メールや電話でOK

 

「解約方法が面倒くさそう」という理由で、フィトリフトオールインワンジェルの定期便コースを渋る人も中にはいます。

 

しかし、実際のところ定期便コースの解約は簡単に行えます。

 

 

電話だけでなく、メールでの解約もOK!

 

お問い合わせ先は公式サイトにしっかりと明記されています。

 

電話番号とメールアドレスを控えておけば、解約方法だけでなくフィトリフトオールインワンジェルに関する問い合わせも行えます。

 

安心して利用するためにも、お問い合わせ先は事前にチェックしておきましょう。

 

 

また、定期便コースの変更はWEB上でも簡単に行うことができます。

 

さらに、解約とまではいかなくても、少しだけお休みしたい場合には『お休み制度』を利用することができます。

 

 

フィトリフトオールインワンジェルの次回商品お届け一週間前に連絡すれば、一定期間お休みすることが可能。

 

自分のタイミングで定期便コースをお休みできるのも、魅力的です。

 

 

定期便コースならではの特典も満載!

 

フィトリフトオールインワンジェルは継続して使用することで、その効果をより発揮できるものです。

 

そのため、単品で毎月購入するより定期便コースを選んだほうが断然お得!

 

 

しかも、定期便コースを選べば毎月20%オフの値段で購入することができます。

 

計算すると、なんと年間16,854円もお得になるという結果に!

 

 

代引き無料だったり、2回目以降の送料が無料になったりと、余計な出費がかからないのも嬉しいですね。

 

また、1年ごとにお肌の分析サービスを行ってくれます。

 

 

フィトリフトオールインワンジェルを使い始めてから1年、肌がどのように変化したかを知ることができるので、目に見えて効果を実感できますね!

 

1年ごとに選べるスペシャルプレゼントも特典としてついてくるので、定期便コースはお得なだけでなくメリットも多いと言えます。

 

 

フィトリフトオールインワンジェルを継続して使用するなら、定期便コースが最もお得です!

 

しかも、定期便コースのほうが特典が満載なので、あえて単品で買い続けるメリットもありません。

 

 

解約方法も簡単なので、自分のタイミングでやめることができます。

 

初めての人でも利用しやすいサービスになっているので、定期便コースでお得にフィトリフトオールインワンジェルを試してみましょう!

 

⇒フィトリフトの公式サイトはこちらから

 


このページの先頭へ